事業所・看護職・関係機関の方向け

7.訪問看護管理者研修

訪問看護管理者研修

令和3年度訪問看護管理者養成研修プログラム

研修の構成

本研修は、eラーニングによる講義、集合研修、事業所実習、アクションプラン立案・実施、アクションプラン発表会の5段階で構成されている。
研修受講の流れは、いつでもどこでも受講可能なeラーニングによる講義を受講し、事前課題に取り組んで集合研修に参加、実習目標を明確にした上で事業所実習に臨み、各事業所でアクションプランを立案・実施し、約3ヶ月後に取り組んだ課題に関するアクションプランの発表会を行い、全課程の修了が証明される。

研修の構成
日程 研修内容 内容 所要時間 場所
1 5月13日(木)
16:00~17:00
研修の流れを説明
DVDを配布
約1時間 Zoom
5月13日(木)~ DVD視聴による講義(自己学習) 講義・確認テスト 約8時間 いつでもどこでも
受講可能
2 6月15日(火)
9:00~12:30
集合研修 事前課題
演習
約3時間 Zoom
3 8月~10月のうち1日間 事業所実習 シャドウイング
カンファレンス
約7時間 実習事業所
4 10月~12月 取り組み課題のアクションプラン
立案・実施
課題達成に向けた
活動
約3か月間 所属組織
5 令和4年2月17日(木)
13:30~
取り組み課題のアクションプラン
立案・実施
アクションプラン
発表会
修了証明書の授与
半日
(発表者人数に応じて設定)
集合(Zoom)

履修期間

全課程を可能な限り連続して受講することが望ましいが、履修期間は最大限2年以内とする。

修了認定

DVD視聴による研修終了後、集合研修終了時、実習終了時に修了証が発行される。全課程を修了した者に研修主催団体により修了証明書が発行される。

訪問看護管理者フォローアップ研修(BCP作成研修)Zoomによる開催

  • 5月15日(土) 13:00~16:00

    ・訪問看護事業所に求められる役割
    ・BCPとは、BCP作成・運用のポイント
    ・地域包括BCP

    慶応義塾大学医学部 衛生学公衆衛生学教室
    講師 山岸 暁美 氏