沿革

沿革

昭和55年
社団法人徳島県看護協会として登記
昭和56年
日本看護協会組織の改正により、日本看護協会徳島県支部発足
昭和60年
無料職業紹介所開設
昭和62年
徳島県看護会館竣工
昭和63年
訪問看護推進委員会発足
平成2年
「看護の日」制定
平成5年
日本看護協会徳島県支部閉部
徳島県ナースセンター事業を受託(徳島県ナースセンター開設)
平成6年
訪問看護ステーション徳島開設
平成11年
訪問看護ステーション阿南開設
訪問看護ステーション半田開設
平成12年
訪問看護ステーション徳島及び阿南に居宅介護支援事業所併設
平成13年
訪問看護ステーション半田に居宅介護支援事業所併設
平成14年
訪問看護ステーション阿南海部支所開設
平成15年
常設型「まちの保健室」を中央郵便局に開設
平成18年
常設型「まちの保健室」を脇町パルシーに開設
平成19年
認定看護管理者教育(セカンドレベル)の実施機関認定
中央郵便局の「まちの保健室」終了
療養通所介護事業所あなん開設
災害時支援に関する協定書を県と締結
平成20年
研修棟竣工
常設型「まちの保健室」を県立図書館に開設
平成24年
公益社団法人徳島県看護協会として登記
常設型「まちの保健室」を阿南市・アピカに開設
平成25年
訪問看護ステーション徳島及び居宅介護支援事業所徳島新築移転
複合型サービス事業所あい開設
平成26年
訪問看護ステーション半田及び居宅介護支援事業所半田新築移転
平成27年
訪問看護ステーション海部開設
訪問看護ステーション阿南海部支所廃止
訪問看護支援センター開設(訪問看護ステーション海部サテライト那賀モデル設置)
平成28年
療養通所介護事業所あなん廃止
平成29年
訪問看護ステーション海部サテライト那賀から
訪問看護ステーション阿南サテライト那賀に移管
脇町パルシーの「まちの保健室」から道の駅貞光ゆうゆう館に移転
平成30年
県立図書館の「まちの保健室」からマルナカスーパーセンター徳島店に移転