会長挨拶

会長挨拶

2019(令和元)年度 公益社団法人 徳島県看護協会 会長 稲井 芳枝
2019(令和元)年度
公益社団法人 徳島県看護協会
会長 稲井 芳枝

就任にあたって

2019年度(令和元年度)通常総会におきまして、新元号とともに、会長を多田前会長より引き継ぐことになりました。身の引き締まる思いです。どうぞよろしくお願いいたします。
また、日頃は当協会活動の推進に当たり、ご理解とご支援を賜り、誠にありがとうございます。深く感謝申し上げます。

令和元年度は、次の6つの重点事業、①地域包括ケアにおける看護機能の強化、②専門性を高める生涯教育の推進、③健康で働き続けられる職場環境づくり、④社会の期待に応える地域活動、⑤看護基礎教育制度改革の推進、⑥本会の目的を達成するための基盤整備、に取り組みます。

現在、少子・高齢・多死社会に加え、人口減少に対する対策が喫緊の課題となっています。その中で、「地域包括ケアシステムの推進」が急がれる中、我々看護職には、「医療」と「暮らし」の両面を支えることが求められています。看護の将来ビジョン「いのち・暮らし・尊厳をまもり支える看護」にあるように、看護職が生活者を主体に医療・介護・福祉・地域等を「つなぐ」役割を果たすことが重要だと考えます。

この「つなぐ」をキーワードに重点事業に取り組んで参ります。また、会長として、多機関・他団体とのつながりを使命とし、何よりも会員の皆様とのつながりを大切に取り組みたいと思います。

先ず、6月からホームページをリニューアルいたします。画面の見やすさや内容を充実し、会員の皆様のページも設けております。是非ご覧頂きたいと思います。

徳島県看護協会は、来年度に設立40周年を迎えます。徳島県における地域包括ケアシステムの推進と看護職が誇りとやりがいをもって働き続けられるよう事業を推進して参りますので、今後も会員の皆様の更なるご協力・ご支援をお願いいたします。