美馬・三好支部

日頃より支部活動にご理解・ご支援を頂き有難うございます。
支部活動としましては、過疎化していく地域での住民の方々の健康増進・福祉の向上を図るため、
地域の皆様や会員のご意見を聴きながら、地域にあった各種事業を計画し、提供しております。
令和元年度の事業内容につきましては、以下のように予定しております。

美馬・三好支部長 宮本 美恵
美馬・三好支部長
宮本 美恵

2019(令和元)年度 事業予定

  1. (1) 常設まちの保健室

    道の駅「貞光ゆうゆう館」で第2・第4土曜日の午前10時より午後12時まで、地域の皆様を対象に、健康チェックや健康相談を行い、健康への関心を高めてもらっております。
    専門の知識を持つ認定看護師が、相談ボランティアとして参加し、色々な相談に対応させて頂いております。

  2. (2) 地域イベントサービス事業

    美馬・三好地域で開催されます住民参加のイベントに、健康相談等で協力参加し、地域住民の健康増進や福祉の向上に協力させて頂いております。

  3. (3) 看護の心普及事業

    高校生のふれあい看護体験や、各高校の文化祭に参加し、進路相談や看護の仕事、看護の魅力についてのお話をさせて頂いております。

  4. (4) 看護の出前事業

    小学生や中学生を対象に出前授業として、助産師による「いのちの授業」を行い、命の尊さはもとより、家族への感謝や友情の大切さについてもお話しております。

  5. (5) 施設支部交流会

    県西部の施設で働く看護職の支部施設交流会を年3回開催し、お互いの施設の情報交換や、地域の看護の質の向上のため、活発に意見交換をしております。

今後も地域の皆様が安心して生活ができるように、私達看護職が身近な存在として一層充実した活動に取り組んでいきたいと考えております。

  • 美馬・三好支部 まちの保健室 出前授業
  • 美馬・三好支部 まちの保健室 出前授業