徳島支部Ⅲ

日頃より、支部活動にご理解ご支援をいただき、ありがとうございます。

今年度より徳島支部Ⅲ(小松島市、勝浦郡地域を担当)の支部長をさせていただくことになりました。
微力ではありますが、地域住民の方々の健康の保持・増進をはかるため、地域に密着した事業を推進していきたいと考えております。
これからも、皆様のご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

徳島支部Ⅲ支部長 久米 宏実
徳島支部Ⅲ支部長
久米 宏実

2019(令和元)年度の主な活動

地域サービス(イベント事業)

  1. 第1回「一日まちの保健室」
    5月9日(木)に、ショッピングセンター・ルピア内において開催しました。
    ①血圧測定②体脂肪測定③骨密度測定による健康チェックと共に、今年も、看護協会が購入した機器を使用して脳年齢測定や血管年齢測定を実施することができ、参加者にとても好評でした。
    また、脳力トレーニングのコーナーを開設し、手遊びをしたり、簡単な問題を解いたりと、参加者の笑顔が絶えず、楽しんで取り組んでいただけました。
    本事業は、地域の方々の健康への関心を高めると共に、看護職の活動への理解を深めていただき、「看護の心」を普及する機会となっています。
    そして、支部施設間の看護師の交流を図る良い機会となっています。
  2. 第2回「一日まちの保健室」
    秋に開催を予定しています。皆様のご参加をお待ちしております。

常設の「南部まちの保健室」

阿南・美波支部と協同で、毎月第2、4土曜日の10時~12時に、阿南市のショッピングプラザ・アピカで開設しております。
看護職3名が健康相談を実施しています。

10月と12月には、専門看護師や認定看護師が相談員として参加し、下記の予定で、看護職の専門性を活かした健康相談を実施したいと考えています。

  • 令和元年12月14日 
    脳卒中リハビリテーション看護認定看護師による相談談
  • 令和元年12月28日 
    精神看護専門看護師による相談

今後も、地域住民の方々にとって看護職がより身近な存在となり、看護職と地域をつなぐ事業を展開できるよう努めていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

まちの保健室

  • 徳島支部Ⅲ 一日まちの保健室
  • 徳島支部Ⅲ 一日まちの保健室