「看護の心」普及事業

看護の日・看護週間行事

看護の日

毎年5月12日は「看護の日」。
そして、12日を含む週の日曜日から土曜日までが「看護週間」です。
県内でも毎年「看護の日」に合わせて病院や施設などで健康相談など各種イベントを開催しています。
2018年度も34施設と2支部で実施し、とても盛況でした。
参加費は無料です。ぜひ来年はお近くのイベント会場へお気軽にお越しください。

2019年看護の日・看護週間の詳細はこちら

ふれあい看護体験

夏休み期間中に県内の病院や施設において高校生の看護の一日看護体験を行っています。

看護の出前授業

看護師、助産師、保健師が学校に出向いて授業を行います。

いのちの大切さ、こころとからだの話
看護の仕事や進路の事…
医療機関で働く看護職員が現場の声をお伝えします。

平成30年度は全国では約3万5千人、徳島県では、小・中・高等学校7校359名の児童、生徒がこの授業に参加しました。

進路相談

看護の道に進みたい学生、社会人のために進路相談をしています(随時)